映画 思い出のマーニー 観た!


先日「思い出のマーニー」観に行きました!
公式HPはコチラから


manima-mi




ネタバレないけど軽~く感想を。
マーニーのビジュアルが最高に可愛すぎる!なんというお嬢様っ!
蒼い眼に金髪ロングヘアーに白いパジャマかな?月の光が降りる素敵な水辺での初めての出会い。こんな可愛くて美しい女の子に「私たちのことは秘密にしましょう」なんて言われて抱きしめられちゃったらもう・・・それはもう・・・・(;´Д`)ハァハァ やべぇったまんないっ

主人公の杏奈は元気のいい活発な女の子。とは180度違う家庭環境が複雑で心を閉ざした思春期の女の子。前半は杏奈中心で物語が進むんだけど、笑顔を全く見せない。見てるうちに「杏奈、笑ってよ」って私が思っちゃう。でもマーニーと出会ってからは本来の自分が出てきて・・・


最後はボロ泣きでした。
もともと涙腺弱すぎる私なのでアレですが(笑)
ストーリーも後半から「えー!」って感じで進んでいくので鳥肌がたったよ。
季節もちょうど夏で今見るのにはピッタリ。ダブルヒロインということで可愛いおなごがキャッキャウフフしてるだけでハァハァしてきます。もちろん、魅力的なキャラクターがたくさんいるので、脇役含めてみんな最高でした。


私はジブリの中では「耳をすませば」が一番好きなんだけど、本当にマーニー好きになっちゃって大変です。もう一回見に行きたいなぁ。



映画 マレフィセント 観てきた!


先週のお休みにマレフィセントを観に行ってきたよ!
公式HPはこちらから


マレ様~!



マレさまああああ




私はディズニー長編アニメの中で1番好きなのが「眠れる森の美女」なんだ!
他の作品含め、いろんなヴィランズ(悪役)がいるけど、中でもマレフィセントは本当に好きでたまりません。もう「マレ様」と呼んでおります。

マレ様ったら、カッコイイし美しいし強いしドラゴンになっちゃうし!マジで最高すぎるっ

そんなマレフィセントを実写映画化したのがこの作品。
しかもヒロインオーロラや3人の妖精たちのお話でなく、マレ様目線のお話。

ネタバレはしないけど、マレ様がアンジーってだけで既にイイ!って感じだよ~。
もともとアンジー好きだし、美しいマレ様にピッタリの役者さんだ。アンジー自身もマレ様が好きで役を演じることが嬉しかったらしい。

っていうかフィリップ王子が・・・・笑
カラスがだいぶ面白かった!
あと王妃様が物凄く不憫でならなかった。
とにかく人を憎むって良くないね。真実の愛よね!って話だ。

話の内容はアニメ映画とは全く違うけど、これはこれでアリ!
否定する人もいるけど、1つの作品をいろんな形に仕上げるってのは、いろんな見方が出来ていいよね~!


マレ様最高~!


映画 聖闘士星矢 観てきた!


先週「聖闘士星矢」観てきたよぉ~!

なんかもう映像がスゴイ。
これは「聖闘士星矢」だから興味ないって人に観てもらいたいな~と思った。
だってもう、映像が凄いんだもの。←大切な事なので2回言いました。

実は妹ちゃんと1度見て、旦那と2度目を観てしまいましたよ。
同じ映画を繰り返してみるのは久しぶりだなぁ~
マイケルジャクソンの映画以来だな。あれは3回観に行っちゃったなぁ。
ウォーリーも2回観たなぁ。


ちなみに妹ちゃんは3回目だそうで・・・・聖闘士星矢が大好きで過去の作品(マンガも小説も映画もアニメも)全部見ているらしいよ。「お姉ちゃんも聖矢をたくさん見て2作目が出来るように足を運ぶのだ!」と言っておりました。

聖闘士星矢は、リアルタイムで見てたけど、毎週欠かさず見てたわけでなく・・・むしろリアル幼女だったので、ほぼ記憶にない。けど、話の内容は妹ちゃんに聞いてたから何となく知ってる感じだった。とりあえずキラキラした敵を倒して行くのと、星座がかかわってる。ってくらいの情報量だったので、この映画を観るにあたってほぼ初見な感じ。

それが良かったのか、とても楽しめる内容だった。
後半はだいぶ はしょって るんだろうな?と感じたけどそこは尺があるので致し方ないんだろうな~と思う程度で特別不自然な感じでもなく楽しめたよ!

敵のキラキラの皆さんの声優さんが豪華みたいで、タイバニのワイルドタイガーの人とか、コナンの小五郎のおっちゃんとか、山ちゃんとかなんか激しかった。ヒロインはももクロのあーりんだけど演技が上手で自然と溶け込んでる感じで気になるところなく良かった。

しかし、映像がすごいよぉ。
こんなに細かく綺麗なCG映画を日本で作れる技術があるなんて知らなかった。
海外製かと思ったよ。ハーロック観てないけどきっとスゴイんだろうな~。


後はネタバレになっちゃうからアレだけど、とにかく2回観ちゃうくらい楽しんでしまった~っ

ネットの時間が終了しちゃうから今日はここまで~




映画 名探偵コナン「異次元の狙撃主」観に行った!

4月の最後の週だったか、お休みにコナンの映画を観に行ったんだ~。

今回の映画もね、観る前に旦那の「コナン祭り」が開催されて睡眠不足で本当につらかったぁ。

(コナン祭りとは旦那が勝手に開催する恐ろしいイベントで、TVシリーズのコナンをツタヤで借りてきて気が済むまで視聴するという。ちなみに視聴時間は仕事が終わって家に帰って食事してシャワーして次の日のお弁当を用意して・・・とあらかた時間を使って「ああ、今日も疲れた。明日も早いし、さぁ、寝ようか」という夜の12時以降等、とにかく夜遅い寝る時間からスタートするという恐怖が待っている)


TV版をおさらいするとバーボンさんは「世良ちゃん 安室 昴さん」誰なのか?
赤井らしい人がチラチラ出てくるけど、もしかして生きてるのか?
哀ちゃんがなんか昴さんと絡んでるの?昴さんが哀ちゃんのこと知ってるの?
世良ちゃんもコナンの事「君のことは昔から知ってるよ」的なこと言ってるし。
っていうか、昴さんにアガサ博士ん家丸っと盗聴されてるし。

と、なんだか気になる事が展開されてるんだよねぇ~。

ちなみにマンガで「ベルツリー号」は読んだので、そこまでは話をおさらいしたんだけど、


映画みて  ハ,,ハ
     ( ゚ω゚ ) <ヒヤッハーーーーーーーーっ!!」
となりました。


映画の公式HPはコチラから



スンゲーネタバレはしないけど、ちょっと感想を書くよ。

キャメルさんがかっこよすぎぃいいいい!!
ジュディ先生登場シーンの風で髪がなびいてるシーンがステキぃぃぃ!
そうそう、世良ちゃんがなんだか平次とだいぶかぶってるんだよね。
「バイクに乗って移動できる、推理が出来る、コナンと相性がいい」これって平次が涙目
ココから先はネタバレしちゃうから言わないけど、かなり「ヒャッハー!」な展開でした!


たまりませんなぁ。
パンフ買って隅々まで読んだけど、原作者が「100巻までには終わらせる」って言ってたはずなのに「もっと続くかも~」とか言い出してた・・・・続けてもいいけど100巻までに謎をすべて説いてくれよぉぉぉ。101巻からは名探偵工藤新一で展開してくれ。


なんか「らんま2/1」を小学生高学年の時から買ってきて、乱馬とあかねはどうなるのっ?どうなるのっっっ!!?と思って見てたら何年もかけて最終巻が発売されて、乱馬とあかねのウェディング姿が表紙!!!ついに結婚ENDキターー!って思ったら、最後のページみて「・・・・・・(゚Д゚)ハァ?」という展開に私涙目。
そんなのだけはだめだからぁあああっ

でも話が終わってしまうと寂しいんだよね。悲しいかな読者のこの矛盾感。

とにかくこの映画は話的にたまらんかった!
毎晩続いた旦那のコナン祭りがいいように作用した感じでした。しかし睡眠不足・・・。






映画  ラッシュ/プライドと友情  観てきた!


10日の月曜日に映画館のキャンペーンで1000円だったのと、旦那が「公開されたら即観る!絶対に観る!確実に観る!
」とうるさいから見てきたのが「ラッシュ」だよ。

サブタイトルの「プライドと友情」ってのがまんますぎてなんかクサいな~と思ったよ。
実際に会ったF1ドライバーのお話を映画化したんだけど、完全にF1に関する知識もドライバーに関する知識もナシで、主人公の1人がマイティーソーの俳優さんだ~って感じだけで観た私。。。。

観終ったあと

ヤベエエエエエ!!スンゲー心に残るんですけどぉぉぉっ!

とテンション高くなって、F1についてあれこれウィキで調べてしまった。
これはもうDVD出たら買うね。



公式HPはコチラから


ぽすたrush 




ネタバレなしの軽い感想だけど、この映画は実在したF1ドライバーのお話なんだ。
ニキ・ラウダとジェームズ・ハントって二人。彼らはF1ドライバーになる前のF3から知り合っててそこから世界チャンピオンになるまでのものすごく壮絶な戦いがあるんだけど、二人とも性格が全くもって180度違うんだ。それが余計いい関係を作ってるようにも見えるね。

ニキ・ラウダは慎重派。
とにかく計算したり準備に余念がなかったりレースが終わったらさっさとお家に帰る。
危険なレースだからこそ、安全第一に考えたりするんで周りから煙たがられることもあるんだね。

ジェームズ・ハントはノリで生きてるような人。
とにかく女が好きでい所構わず手をかけちゃうプレイボーイ。
陽気な性格でいて大雑把でとにかく自由奔放!

と全く違う両者だけど、ドライバーの腕は甲乙つけがたいほどのトップクラス!
どのレースもどっちが勝つの?どっちが勝つの??ってワクドキたまらん。


F1って1年間に世界のいたるところでレースを開催してるんだって。F1の知識を知らない私でもモナコグランプリは知ってるよ。ゲームのグランツーリスモで、モナココースをミゼットで走って遊んでたからね。
で、ゴールした順位にポイントがついてるんだ。その総点数で世界チャンピオンを決めるんだって。


レースシーンは轟音鳴り響く複数のエンジン音が劇場いっぱいに唸ってその場にいるみたいな迫力だった!いろんなところにカメラをつけて撮ったみたいでレースシーンは興奮しましたよぉぉぉぉ。
70年代のF1車体はいまの車体よりだいぶずんぐりしてるような感じだったんだね。しかしカッコイイ!
クラッシュしてしまうところや目をそむけてしまうような大けがをしたドライバーのシーンは当時のF1の死亡率高すぎ的な現実を見せつけられる感じで、命がけのレースなんだな。と改めて思うわけで・・・。



レース以外のシーンもスピード感があって全然飽きさせない流れのドラマ展開。それに70年代のファッションが素敵☆当時の車とか街の雰囲気とかTVとかそういうものもしっかり再現されていて引き込まれていくよ。

ドラマチックすぎる展開の二人の人生凄すぎる。この映画は心に残ります。
実話ってのがすごいよね。


パンフは内容が盛りだくさんで買ってそんなし!
F1基礎知識コーナーがもりっとあったり、ニキ・ラウダ本人のインタビューもあったりと映画を観た後でニヤニヤできること間違いなしっ



映画見て知らない世界に興味を持つのは面白いね☆

ことりのはばたき

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

らな

Author:らな
シルバニアファミリーがメイン・・・ではないかも知れないけど、動物好きで 写真好きで コスプレ少々しているような私。何かしら楽しく見てもらえたらいいな。というブログです。

カテゴリー

最近のコメント

リンク

ブログ内検索