国立科学博物館行ってきた!

今日はまたもや恐竜大好きグループで国立科学博物館 通称「かはく」へ行ってきましたよ!
公式HPはこちらから


前回の恐竜王国2012から早2か月。「恐竜王国2012に行ってきた!その1」再び我々が揃ったのであるっ!


sDSC05554.jpg





「かはく」にはもうかれこれ何回も行ってるね~。
子供のころの遠足や家族とのイベントは上野動物園または「かはく」と相場が決まってたね。なじみのある場所に行くのは落ち着くね~って、新館が出来てさらに展示内容がリニューアルして、かはくも変わっていくね。昔いた「パンダのトントン」とかいなくなってたね~。




sDSC05538.jpg






今回は恐竜大好きチームなので、恐竜を主に見て回ってアレコレ楽しむという内容だから、他は結構スルーした。どうでもいいけど、B1の展示場は何回見ても窮屈すぎるよね。もっとノビノビと展示すればいいのに・・・。





sDSC05542.jpg



二人ともそれはもう、熱い恐竜話を繰り広げておりました。




sDSC05546.jpg








sDSC05548.jpg







私はなんと、たまたまやってた特別展示に胸キュンっ!
なにやら鳥類の貴重な標本が沢山展示してあるらしいっ!
飛びつくぜっ 鳥が大好きな私には最高の展示だぜっ!


って、撮影禁止だったよぉ。
既に絶滅してしまったカモさんやトキさんのはく製やドードー鳥の骨格の一部やいろんな鳥さんの卵大集合!とかたっぷりあった。卵みてびっくりしたのがハシボソカラスの卵。まるでチョコミントアイスみたいな色してた!ハシブトカラスは普通の卵の色なのに。なんでかね?なんでチョコミントなんだろうね?


フラミンゴとかクジャクとかキウイとか皇帝ペンギンなんかのはく製
ダチョウの骨格標本 あとは普通にその辺飛んでる野鳥そのものとか(もちろん標本としての)がいたよ。でもどの鳥さんもすでに息をしていないからか、実際よりくすんでる。羽の色や輝きが。
はく製として残せるのは素晴らしい保存方法だけど、生きている時の美しさをそのまま保つことはできないんだね。っていうか、絶滅させちゃダメだよね。




sDSC05552.jpg







お土産コーナーも鳥グッツコーナーがあったから、オナガのマスコット買って携帯にぶら下げたよっ!かわいいっ☆という具合に丸一日充実しました~♪



さて、衣装の続きを作らねば・・・・。


スポンサーサイト

 以前、上野公園へ行った時、「こんな所に博物館があるわ〜。」「人がたくさんならんでいるわ〜。」って思いながら、動物園へ行きました。
一度行ってみたいです♪

こんばんは。

私が何回かTVでみたのは、ここなのかな…!? 
(らなさんが分かる訳ないんで独り言です) 
TVで骨格標本を作るために動物を煮る…ってか炊く!?してました。
大変な大事な仕事だな~と見た記憶があります。

オナガのマスコットを見たかったです♪

おへんじ おそくなりました

あやちさんへ
そうなんです。動物園の周りに博物館とか美術館とかあるんですよ!芸術鑑賞なんかにはもってこいですっ!一番お気に入りなのはやっぱり動物園のハシビロコウ様ですわぁ~♪




くちゅりえさんへ
鳥さんのはく製は生き生きしてる風になってるけど、標本は亡くなったままの状態だから、まんま死骸って感じする人も中にはいるかもしれないけど、私はへいきでしたっ!!
生きているものをそのままの姿で残すのってすごい技術ですよね!煮たり炊いたりするとはっ おおっなんといろんな方法があるんですね!オナガのマスコットが本当にカワイイから写真撮って載せますっ♪是非みてくださいっ☆


 
Secre

ことりのはばたき

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

らな

Author:らな
シルバニアファミリーがメイン・・・ではないかも知れないけど、動物好きで 写真好きで コスプレ少々しているような私。何かしら楽しく見てもらえたらいいな。というブログです。

カテゴリー

最近のコメント

リンク

ブログ内検索