劇団四季 美女と野獣 観てきた


先日、母ちゃんと妹ちゃんと一緒に、劇団四季を見てきましたよ~。




激算式 美女と野球


以前から、母ちゃんと妹ちゃんが「美女と野獣を見に行きたい!」と言っておりまして、私が勢いつけて最強の座席を確保しました!!!むふふ。

劇団四季は きみ猫と一緒に「ライオンキング」を初めて見てから、「コンタクト」「オペラ座の怪人」「キャッツ」「ウィキッド」と観てきましたよ。特に「オペラ座」と「ウィキッド」は3回ずつ観ております。ちなみに、マンマミーアをきみ猫と鑑賞するはずでしたが、うっかり八米な私は遅刻してしまい、クライマックスに到着という迷惑すぎる展開で・・・きみ猫様。悪いことしました。あの時はごめんなさい。


なもんで、1年に1回は必ず見てる感じです。





劇団四季 美女と野獣 2






実は、前の仕事不動産屋さんをやっていた時に、劇団四季の美術監督がお客様でいらしたことがありました。なんとっ!!オウチを見て回る間、四季について・ご自身の美術に対する心意気について等、それはいろいろ語っていただいて、私としてはウレシー限り。私が喜ぶものだからか、とても気分よく?笑顔でお話してくれました。
その際に質問をしたんですが「今まで長い間、舞台の美術監督をされて、一番思い入れがある作品はどれですか?」と聞いたら、即座に「美女と野獣です!」と答えてくれました。

その作品はまだ観てないです。と言ったら、是非観てください!言っており、何がそんなに素晴らしいのか教えてもらったんですけど、他にはないゴージャスさや煌びやかさ。がとにかく素敵らしい。それでもって、フランスの宮殿やお城など実物を見に行ったり、時代背景を考えて図書館に通ったり、椅子1つでもどの時代なのか?貴族の椅子なのか?庶民の椅子なのか?と本物により近く、たくさんの時間を使って背景から大がかりなセットから小道具から、美術のすべてを完成させるのに大変だったようです。

「細かいところまで、ぜひ観てください。少しでも感動してくれたのなら、とっても嬉しいです。」

オッケーイっ!
私、結構舞台の隅々まで観ちゃう人だから、感動させてもらいますよっ!と、美術監督さんに観に行きます宣言をしていました。






sDSC03372.jpg







さて、11月末。
お空ははっきりしないけど、いちを晴れ。的な感じで水色が広がっておりました。
大井町駅そばの、美女と野獣劇場へ。

なんだか、学生が多いな~なんて思ってたら、小学生と中学生と高校生の団体さんが多数いましたよ。いいなぁ~心の変化が多感なこの年頃に、学校で「劇」を観に連れて行ってもらえるなんて。大勢の学生の中から、こんな仕事してみたいな。と思う人も出てくるのかな・・・と妄想に浸っておりました。







劇団四季 美女と野獣 1










中へ入ると、大きなクリスマスリースがお出迎え。
真ん中のプレートは今日出演する俳優さんのお名前が表示してありました。
リースのいたるところに、真っ赤なバラが施されていて、美女と野獣の重要な「魔法のバラ」を連想させます。さらに、中央の出演者プレートの横には、金色のフォークとスプーンが。あの食卓のシーンに出てくるアレですかね??









劇団四季 美女と野獣 3







このリース。
よーーーーーく見てみると・・・。

あら?てっぺんの方に、時計が。
これは「コグスワース」じゃないの??







劇団四季 美女と野獣 6






おおっ?
こんなところに、ティーカップとティーポット
「ポット夫人」と「チップ」かい?




劇団四季 美女と野獣 5








そして、反対側にはローソクが・・・。
「ルミエール」ですかい?




劇団四季 美女と野獣 8





皆さん、美女と野獣は知ってるかい?
私はディズニーの映画で知りました。今から10年前かな。
初めて見た時の感動は鳥肌もので。特に歌が素敵で。キャラクターもバランスよく整ってるし、最後の結末も涙が出ちゃうほど好きです。

サントラ買って、リピートしまくってたり、ビデオ見まくっていたんで、セリフとか覚えてるよ~。そんなディズニーのアニメが実写しかも演劇になるとは。劇には劇の感動があるんだろうな。ガストンとかちゃんとムキムキなんかな?野獣はどんなメイクしてるんだろう?それに華やかな舞台が気になるーっ!!


と、ドキドキわくわくしながら、椅子にすわって・・・と、周りを見ると、女性・女性・女性・・・・一般の人、見渡す限り女性のみ!!!後方と2階席は小中学生で埋められていたんだけど、他は9.5対0.5の割合でほぼ女性で埋まってました。妹ちゃんに「ちょっと!みんな女ばっかだよ!!」といったら「そりゃぁ、恋のお話だもん。乙女が集まるでしょ」と。乙女。若い子~おばあちゃんまで、心はいつまでたっても乙女な女性で満員でした☆



そして、幕が開き 始まりました。


全体的にアニメと同じ流れで、あいだあいだにオリジナルの歌が入って進行していって、最後は結末知ってるのに涙ボロボロ。もぉっ本当に、たまらーんっ!



舞台だがからこのその、仕掛けや緊張感に鳥肌ぶっるぶる。
とりあえず、ポット夫人が美人さんで惚れた。
ベルは・・・イメージ的にもう少し若い人だったらな~と思った。メイクのせいかな?ちょっと年上に見えた。それと、ガストンとルフウと取り巻きの3人娘がイメージ通りでバッチリ!しかも、3人娘のおぱーいがモリモリでたまらんっ。声も素敵。結構ガストンの歌が好きで、特「♪ガキの頃には毎日食べたタマゴ4ダース♪でも今じゃ60個食べて筋肉はモリモリ♪」がナイス振付とともにほぼ同じ歌詞だったのが嬉しかった。それとビールジョッキをたくさんのダンサーとカッチン☆するのも楽しかった。あと、ところどころ出てくる取り巻き3人娘のコーラス部分がスンゴクスンゴク大好きで、それも当然のことながらハモリがたまらーーーんって感じで、鳥肌ラブ。


そして、一人ぼっちの晩さん会も キラキラのステージでそりゃもう、こっちがウキウキしちゃう感じ!出てくるダンサーさんみんな個性あふれる「物」になってて、スプーン・フォーク・ナイフ・ナフキン・泡だて器・お皿・シュガーポットほかほか、さまざま。しかもすげてキラキラの豪華な衣装。美術監督が言っていた、舞台に出てくる家や家具も細かく見てみて見て観察。ベルの家の井戸が可愛いかったな~。


しかし、チップにはビビった。
ああいう表現というのは、劇ならではのアレですね。


野獣はイケメンならぬ「イケボイス」すぎて、やばかった。その声で私のために歌ってくれ~という感じでたまらーん。準主役のルミエール コグスワース ポット夫人 それぞれみんな映画から飛び出したみたいに イメージそのままでやんちゃに動いてました。3人とも、時間がたつにつれて「物になってしまう魔法が進んでいる」というのを視覚的にわかるように、背中にねじが生えたり、ろうそくが増えたり、ポットのふたが大きくなっていったりと、徐々に変わっていくさまが見えてヤバイっと思った。

この3人の愛の芽生えって歌がこれまた好きで、コーラスが最高。
ここだけ聞いてほろりと涙が出てきた。



そして、最大の見せ場 舞踏会場で二人きりのダンスシーン。
これはもう 観てるだけで幸せになってしまう、魔法にかかったみたい。
ポット夫人が舞台そでで あの歌 を歌ってるんだけど、顔がね。表情そのものが幸せで満ち溢れているような穏やかで明るくて優しい顔してね。で、あの歌ですからね。ヤバイね。


と、言い出したらきりがないね。
結構笑いどころもおおくて、小学生がゲラゲラツボに入ってたよ。
最後は周りの女性みなさんハンカチを目に当てておりました。



そして、拍手喝さいのカーテンコール。

素晴らしい 時間と感動をありがとうっっ!!





お土産に、携帯のストラップを妹ちゃんと購入。
お約束のハートのストラップ。
なぜか、妹ちゃんと二人でわけあう。わたしがビースト♪

翌日、職場の先輩に「ハトヤと美女と野獣のストラップつけて喜んでるの、世界で君だけだよ。きっと」と言われてしまった。「しかも、妹ちゃんとハートを分けるなんて・・・・可愛い姉妹だ」とも言われちゃったよ♪



劇団四季 美女と野獣 10





そして、家族へのお土産で。
美女と野獣カスタード饅頭。こんなん売ってるんかい?とビビったけど、食べ物大好きな人なので速攻ゲットでした。おまんじゅう1つ1つにロゴの野獣とバラのシルエットがついてます。うまー。





sDSC03378.jpg



sDSC03379.jpg





そんなこんなで、帰りに母ちゃんと妹ちゃんと3ん人で夕飯を食べつつ 素敵な舞台のお話やらなんやら楽しみ、帰宅しました。煌びやかな舞台だったな~。また来年、芸術鑑賞しなきゃっ!!元気をくれてありがとうございますっ!


スポンサーサイト

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Secre

ことりのはばたき

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

らな

Author:らな
シルバニアファミリーがメイン・・・ではないかも知れないけど、動物好きで 写真好きで コスプレ少々しているような私。何かしら楽しく見てもらえたらいいな。というブログです。

カテゴリー

最近のコメント

リンク

ブログ内検索